新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

自分の精神状態がわかったできごと

今日は、久しぶりに、母と外食に行きました。

シェフの腕が良く、配慮も感じられ、

盛り付け、味付けともに繊細で、丁寧で、

料理はいつ行っても大満足です。

お店のインテリアや食器もおしゃれで、

本来なら非常にゆったり落ち着いた雰囲気で、

お食事をいただけるお店です。

ただ、今日残念だったのが、

お店が大変混んでいて、かつ、

フロア係の方が1人だったからだと想うのですが、

フロア係の方がやや小走りでテーブル間を移動したり、

オーダーを取る時も、せかせか感が伝わってきて、

こちらも早くオーダーを決めてあげられればよかったのですが、

80歳を過ぎた母にメニューを一つ一つを説明するのに時間がかかり、

協力することができず、もどかしい気持ちになってしまいました。

 

私にもう少し気持ちの余裕があったら、

それほど気にすることもなかったと想いますし、

お店の方も1人で頑張ってらっしゃるんだからと、

広い心で受け入れられたと想うのですが、

頭ではわかっていても、内心、心穏やかでない自分がおりました(^_^;)

どうやら私の精神状態もよろしくなかったようです。

せっかくのお料理が、もったいなかったです。

 

皆様ならこういう時、どんな考え方、捉え方をされますか?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

 

 

因果応報

搾取すると搾取される。

与えると与えられる。

 

きっと日常の営みの中でも、

気付かないだけであるのかもしれません。

 

ありがたいことに、私には無償の愛を与えてくれる方が、

数名おります。

そんな中、私の反省すべき点は、

その無償の愛に甘え、無意識に、

自分の都合のいいようにその方たちの愛をいただいている。

というところです。

その方たちは、人格が高いので、

その愛を与え続けることはやめません。

本当にありがたいことです。

 

しかし私は、感謝しながらその愛を受け取るのは佳しとしても、

ただただ、都合のいいようにその愛を使ってはいけないということが、

自分が反対の立場になってみると痛いほどわかります。

 

私はまだまだ未熟なので、

与えた相手が、あまりの態度だと、

ついつい、恩着せがましいことを言ってしまったり、

もう知らない!勝手にして!と腹を立てたり、

してしまいますが、

そもそも、わが身を振り返ると、

例えば、自分の親などに対して、

わがままを言ったり、甘えたりして、

自分も似たようなことをしていたわ~

と想うのです。

 

善い行いも悪い行いもそれに応じた報いがある。

 

自分もしたことだから仕方がない。

その報いを受けよう。

そして終わりにしよう。

私は、逃げない。後悔したくない。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

 

君たちはどう生きるか?

先日、購入した本、

漫画「君たちはどう生きるか」マガジンハウス発行
原作:吉野源三郎 漫画:羽賀翔一

を一気に読み終えました。

文章のみのページもところどころありましたが、

漫画ということもあって、すらすらと読み進めることができました。

 

本を購入するとき、

本屋の店員さんに探していただいたのですが、

40代くらいのその店員さんは、

「この本は、自分が入社した数十年前から、

この本ありますか?とよく尋ねられる本です。

最近は、別の出版社が再販したことにより、

再ブレイクしているようです。

学校でこの本を読んで読書感想文を書くように。という、

宿題が出されることもあるようですよ。」と・・・。

 

本を読み終わって、

読書感想文の指定図書になっていることが納得できましたし、

学校教育でこの本を生徒に薦めていらっしゃることが、

なんだかとっても嬉しくなりました。

さらに、物語の舞台は、1930年代であるにも関わらず多くの人に読まれています。

それもとっても嬉しいです。

今も昔も、本質は変わることがなく、

人間社会にある課題や、自分の在り方など、

この本を読むことによって気付くことが沢山あるでしょうし、

少なくとも、

一人一人が何かを感じたり、考えたりするきっかけになっていると想います。

 

私も、

いろいろなことに気付かされたり、

ものごとの見方、捉え方、考え方が変わったり、

反省したり、自信をもらったり、勇気づけられたり、

まさに、

「どう生きるか?」を考えるきっかけを与えていただきました。

ありがとうございます!

 

読書の時間がとりづらい方にも、

読書が苦手な方にも、漫画版はおすすめです。

私は、文庫本も読んでみたくなりました。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

母をリスペクト

母と大喧嘩をしました。

といっても、私の方がかなり感情的になっていました。

ベッドに入り、明日、母と顔を合わせずらいな~と想いながら、

なかなか眠れずにいました。

すると、母が寝室に入ってきて、

誤ってきてくれました。

きっと私が眠れないだろうと想い、

誤りに来てくれたとのことでした。

 

私は、自分のことしか考えていませんでした。

言いすぎちゃったな~。

でも悔しいしな~。と、

もんもんとしているだけ・・・。

 

母も、私からいろいろと言われて、

悲しい想いをしたり、

悔しい想いをしただろうに、

自分のその感情よりも、

私が眠れないでいることを優先して、

自分から折れるということをしてくれたのでした。

そんな母の在り方は、

私にはない在り方であり、

真似しなければならないところです。

 

母のDNAを受け継いでいるのですから、

私にもできると信じて、精進していきたいと想います!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

時間にゆとりがあるとかえって・・・

今日は、午前中、次のオンライン動画講座の企画を考えておりました。

気付くと、2時間くらい集中しており、

(2時間で1行進みました!(笑))

気分転換に、散歩がてら近くのショッピングセンターへ行きました。

食料品を買った後、本屋さんへ立ち寄り、

そういえば、東京に住んでいるとき、電車広告を観て、

いつか読もうと想った本を読んでなかったことをふと思い出し、

その本を購入。

ウキウキ気分で帰宅し、

「企画書はまた後でやろう、

時間もあるし、まあいっか。」と先に読書をしました。

すると、そこへ電話が入り、急用ができてしまいました。

結局、帰宅が遅くなってしまったため、

企画書はそれ以上進めることができませんでした。

 

気の赴くまま、時間を使えるというのはとてもとても幸せなことです。

しかし、時間に余裕があると想うと気が緩んでしまい、

かえって、やるべきことが進んでいないという現状が今あります。

会社勤めをしているときと何ら変わりがありません。

むしろ、限られた時間を有効に使おうという意識が働いていたので、

コツコツの積み重ねで、気付いたら前に進んでいたということの方が、

多かったようにも想います。

 

環境よりも、自分の心がけ次第ですね(^_^;)

 

これもいい教訓として、自分にも、誰かのためにも、

活用していかれたらいいな~と想います!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

LINEレッスン

母がこれまで、敬遠していたLINEを始めました。

もしかしたら父の影響が大きいかもしれません。

大工だった父は、PCとは縁遠い環境でしたが、

作業日報のひな型をExcelで兄に作ってもらい、

日々の就業時間の入力とプリントアウトは自分でやっていましたし、

スマホやLINEも使いこなすというほどではなかったものの、

例えば、

「ビデオ通話のやり方覚えて!!」と要望すれば、

めんどくさがらず、覚えてくれる人でした。

 

そんな父の姿を母も尊敬していたのでしょう。

「お父さんは新しいものを使ってみることを

億劫がらずにやるタイプだったよね~」

と言いながら、

たどたどしくありますが、

一所懸命フリック入力を練習しておりました。

そんな母の姿が、けなげで愛らしく想うのと同時に、

父の偉大さ、影響力の大きさを改めて感じるのでありました。

 

今日は、孫に「寒いから風邪をひかないように気を付けて」

というメッセージを送ることができました。

「ありがとう」の返信を無邪気に喜ぶ母を愛おしく想います。

 

そんな母に、LINEスタンプを2種類プレゼントしました。

上手く使ってもらえるように、

スタンプ送信のレッスンもしなければです(^^♪

 

生きている者の時間は、止まっていないのですね。

こうして、少しづつ前進し、

日常を取り戻していくものなのでしょうね。

きっと・・・

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

母の友人に感謝

母のお仲間が数名、来てくださいました。

母が、大切な人との別れによって、

気を落としてはいないか?

元気をなくしているんじゃないか?

ずーっと心配していたよ~とおっしゃり、

先日降った大雪で足元が悪い中、

自宅まで足を運んでくださいました。

 

私は、母のお仲間にお会いしたのは初めてだったのですが、

母に、母のことをこんなにも大切に想ってくださっている方いらっしゃるなんて、

存じ上げなかったため、

その存在が、とってもとっても嬉しくありがたく想うのでした。

 

中でも、数年前同じ経験をされた方のお話しは、

私の胸にも響きました。

「最初の1年くらいは寂しかったり、

生活のリズムに慣れなかったり、

諸手続きなどがあって落ち着かないかもしれないけど、

時間が経つにつれて、前向きになっていったよ。

今では、毎朝目が覚めると、

今日はどこへ出かけよう?何をして楽しもう?

とわくわくした気持ちで一日が始まるのよ。」と・・・。

 

経験者のお言葉は、心強く、説得力もあり、

「現状がずっと続くわけではない。

寂しさや、喪失感は生きる力へと変わって行くんだ!」

と、未来に光を観る想いを抱いたのでありました。

母も、表情が明るくなりうれしかったです。

 

人の優しさ、人の愛は、エネルギーとなりますね!

本当に来てくださってありがとうございました。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

「自分の責任」と想うことの幸福

メンターと出会い、

インサイドアウトの原理原則を教えていただく前までの私は、

自分の人生がつまらない(幸せを感じられない)理由を、

環境や他人など外側のせいにし(アウトサイドイン)、

被害者意識で生きていました。

しかも、そのことに気付いておらず、

むしろ自分は、責任感が強く、

なんでも自分に責任があると感じる人間だと、

勘違いしていたくらいでした。

確かに、過去の私は、「自分に責任がある」と強く想う傾向性がありました。

しかし、それは自己否定に近いもので、

そこから、何か打開策や建設的な考えを見出すというよりは、

自己否定をさらに深めていくだけのものでした。

根本的な所で、「自分は悪くない!」と、

どこかで自分の正当性を見つけ出そうとしていたのが、

原因と考えられます。

 

しかし、今は、違います。

例えば、あまりよろしくないできごとが起きたとします。

そうしたら、

自分が反省すべき点は何なのか?

自分の至らない点や、自分がどういう選択をしたのかを振り返り、

それを認め、打開策、改善策を取ることができるようなってきたのです。

そうすることで、すごく気持ちが軽く居られることが、

多くなりました。

自分の正当性を主張するためにエネルギーと使うこともないので、

とっても楽です。

軽く、楽な状態でいられると、ポジィティブな感情も感じやすいと感じます。

 

もちろん、まだまだ未熟な私は、

相手のせい、環境のせいにしてしまうこともあります。

自分の非を認めず、正当化してしまうこともあります。

なんか気分悪い、イライラする、負の感情を感じやすい。

そんな時は、もしかしたら、

他責で被害者意識を持っている場合もあるのかもしれません。

自己成長のチャンスですね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

負の感情で視野が狭まる

父が他界し、

遺された母のこともあり、

しばらく実家で生活することにし、

早、2週間が過ぎました。

 

落ち着くまで、母のそばにいて、

母をサポート(各種名義変更、役所手続き、お客様対応など)が目的ではあるのですが、

何故か、父が私に、

「今進み始めている道はズレてるよ~。

一旦整理しなさい。」

そんなメッセージも、

伝えてくれているような気がしてならないのです。

 

あっという間の2週間ではあったのですが、

だんだんと気持ちも落ち着いてきて、

12月~1月の自身を振り返えったり、

未来をイメージする余裕も出てきました。

そうする中で、

またやってしまったな~と想うのが、

感情で選択していたな~

感情で行動していたな~

ということです。

 

その感情というのは、不安と焦りです。

不安と焦りが視野を狭くし、

自分の在りたい未来像にはつながらない道を進み始めていたのです。

 

このまま進んでいたら、きっとまた遠回りをしている所でした(^_^;)

20代のころなら、遠回りもまた経験かもしれません。

しかし、50代の私には、残された時間もエネルギーもそう沢山はありません。

 

私には、ありがたいことに、

軌道修正を依頼できる環境があるので、

今回は早めにその環境を活用することができ、

軌道修正するのに、まだ何とか痛手が少ない所で済みました。

 

負の感情に捕らわれ、

進み始めていた道がズレたていたことを気付かせてくれた、

父とメンターに感謝するとともに、

ご理解くださった、各関係者の方々にも、

心より感謝申し上げます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

自己理解は幸福の鍵

思春期の頃、他人の目を気にするようになり、

それから約30年もの間、

自分の想い(考え方、感情、イメージ)、気持ち、本心よりも、

周囲からどう想われるか?

変な奴だと想われやしないか?

嫌われないか?

を先に考えることが習慣化され、

意識が自分の内側ではなく外側に向いていることが多い人生を

歩んでまいりました。

 

今から想うと、それが、

自分は何が好きで、何が嫌いで、

何がしたくて、何をしたくなくて、

など、

自分というものがわからなくなってしまった、

大きな原因の一つであったのだと想います。

自分のことがわからないと様々な生き辛さを生み出すということが、

マインドセットコーチングを受け、自らも学び、実践してきた結果、

自分のことがやっとわかってきた今だからこそ、わかります。

(やっとわかったと言っても、

人間の約9割以上を占めると言われている潜在意識のうちの

ごくごく一部を知った程度ですが・・・)

 

その様々な生き辛さとは、

例えば、

他者理解もできないため、周囲と真のコミュニケーションができない。

であるとか、

 

例えば、

自分がどうしたいかわからないから、なかなか決められない。悩む時間が多い。

であるとか、

 

例えば、

物事に対する理由付けが常に外側(環境や他者や社会)で、

他責になりやすく、自己成長も少ない。

であるとか・・・

挙げようと想えばまだまだ出てきそうです。

 

ほんの少し、自己理解が深まっただけでも、

上記の生き辛さがかなり改善されましたし、

自分をどう扱ったらご機嫌でいられるか、

心地よくいられるかなど(自分の取説)、

少しづつ、少しづつわかってきたので、

本当に楽になったな~、軽やかになったな~と感じます。

 

自分の内側に意識を向ける時間、

忙しければ忙しいほど、より重要で必要であると感じます。

子供との大切な時間を、うつという病の中で、

費やしてしまった私からのメッセージです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子